審美治療

審美治療とは、色が悪い歯を美しく白い歯に変えていく治療の事です。歯の色が悪い原因には、遺伝的なものやタバコのヤニ、コーヒーなどに含まれる色素の付着などが考えられます。その状況により治療内容も異なってきます。主な治療方法には下記のような方法が挙げられます。
*審美治療は健康保険が適用されないものが多いので、必ず前もってご相談ください。)

ホワイトニング

歯を削ることなく、薬剤を使い脱色して白くしていく方法です。
ホワイトニング終了後、一定時間内は食べ物や飲み物などに含まれる色素が再びつきやすい状態になりますので、注意が必要です。

ラミネートベニア

ホワイトニングなどで白くならない遺伝的な場合などに、歯の表面を少しだけ削り、その上から白いセラミック(陶材)の薄い板を貼り付ける方法です。

オールセラミックス

上記の方法でも白くならない場合には歯を削って土台を作り、そこに人工物の冠をかぶせる方法があります。これにより、歯の色、形、並びなども良くしていきます。また、インプラントで取り付ける人口歯の材質をオールセラミックスにする事で、見た目にも非常に美しい歯を入れることも可能です。

むかえ歯科医院 〒868-0600 熊本県球磨郡湯前町上植木1237-4
TEL/0966-43-3131 FAX/0966-43-3281
E-mail/fujio40m@ynbb.jp
2007© MUKAE DENTAL CLINIC All right reserved.