インプラント治療

インプラント治療の方法

インプラント治療の方法は、基本的には入院を必要としない手術によって行われます。昨今の手術の方法では、専用のドリルで骨に小さな穴を掘り、土台となるインプラント本体を埋め込ませて、インプラント体が骨と結合・固定されるのを待ってから、人工の歯をインプラント体の上に作りあげます。

インプラント治療法

インプラント本体と骨が結合し固定されるまでに、細菌に侵襲されたりする場合がありますので、注意が必要になります。また、たばこは特に骨の成長・結合に重大な影響を及ぼしかねないので、基本的に禁忌とされています。

専用のドリルで穴をあけます。 人工歯を取り付ける部分を歯肉を貫通して出しておきます。この後、 約4月〜6ヶ月待ちます。(骨の状態など様々な条件により異なります。また、一般的にはこの期間は仮の歯を入れておく場合があります。) 歯肉の状態を見て人口歯を取り付けます。
むかえ歯科医院 〒868-0600 熊本県球磨郡湯前町上植木1237-4
TEL/0966-43-3131 FAX/0966-43-3281
E-mail/fujio40m@ynbb.jp
2007© MUKAE DENTAL CLINIC All right reserved.